(株)長岡美化の日記


RSS | ATOM | SEARCH
蛍光灯のリサイクル
 長岡京市では蛍光灯(筒型・棒型)を回収しています。

よく間違われてだされるのは電球です。
電球は不燃物(埋め立て)として出してください。

蛍光灯と電球とではリサイクル方法が異なるのです。


蛍光灯には微量ながら水銀が使われています。
これが”ごみ”として出されたとき、この水銀が環境中に放出され環境を汚染して人間の健康に影響を及ぼす可能性があります。だから、正しくリサイクル必要があるのです。

では、蛍光灯のリサイクルはどのようにされるのか?


長岡京市の場合

収集された蛍光灯は乙訓環境衛生組合に運びます。
 ↓
蛍光灯を特殊設備により破砕します。
 ↓
ガラスと口金部分の選別を行います。
 ↓
・ガラス
ガラスは洗浄して、微細な異物を取り除き → ガラスの原料として生まれ変わります。(専門業者)
住宅の壁内で使用する断熱材やセメントの原料になるそうです
その時に発生する水銀スラッジ(洗浄排水)は焙焼工程へいきます。

・口金部分
焙焼工程へ送られ水銀を気化します。
アルミ部分はアルミメーカーへと送られアルミ製品として生まれ変わります。

・水銀
気化された水銀は冷却されて液体の水銀となります。
 ↓
精製されて高純度の無機水銀にして、水銀試薬又は蛍光灯用の水銀として生まれ変わります。


要すると蛍光灯は
ガラスと水銀の原料にリサイクルされます。





長岡美化では収集・運搬中に割れたりしないよう慎重に扱うことを心がけます。

市民の皆様は蛍光灯を箱から出して出されるようにしてください。

これからも一生懸命、収集業務に励みます。

author:マツタニ, category:-, 05:20
comments(0), -, - -
Comment